産地からの原料玉葱の搬入から処理

お客様の要望に合う高品質な商品を「安心・安全」とともに

国産玉葱

産地・生産者・畑
品質選定の確認:産地契約の玉葱を使用しております。
 
入荷前保管
産地の倉庫・冷蔵庫にて保管・備蓄
 
入荷予定通知
当社より生産者へ入荷予定表を提出し、使用数日前に産地より出庫されます。
 
梱包形態
ネット・DB、鉄コンテナ、フレコンテナ等産地が出荷しやすい形状での荷受けが可能です。
 
 
 

輸入玉葱

産地・生産者・畑
品質選定の確認:国産産地同様、必ず産地確認を実施
 
保管
パッカーの倉庫にて乾燥保管(船積みにあわせてパッキング)
 
国内保管
夏場:港の冷蔵庫ストック
冬場:港の常温倉庫、もしくは冷蔵庫にストック

step 1 原料投入

・充分に乾燥されたもの
・大きさはLサイズ以上
・病原虫、割れ傷
・原料傷み、腐れ
・パレット、ネットでの破損
上記、品質管理を徹底しております。
 

step 2 粗剥き

・充分に乾燥されたもの
・大きさはLサイズ以上
・病原虫、割れ傷
・原料傷み、腐れ
・パレット、ネットでの破損
上記、品質管理を徹底しております。

step 3 トリミング

粗切りされた玉葱を更に手作業でトリミングします。

「原料を手に取っての作業」ということから当社では、玉葱についている茶色の外皮、可食部からの劣化等、食用として不適当な部位を手作業で排除しております。

トリミングルーム室温:20℃以下に通年設定(入室制限在り)
 

step 4 検品

完全にトリミングされているかを検品担当が目視により確認(検品担当は2時間毎に交代)
 

step 5 殺菌・洗浄

洗浄工程では出荷に備え、洗浄・殺菌・消毒を行います。
 

 

 
流水水槽(洗浄 1)
検品後、洗浄用の流水水槽へ投入、流水により玉葱が洗浄され、次工程の水槽へと移動します。
 
殺菌・消毒水槽(洗浄 2)
殺菌・消毒には塩素系水溶液を使用、点滴を用い濃度管理を実施。
水槽内の温度・水溶液の濃度チェックを1回/h
 
■水槽水について
・当社では品質保持のため、洗浄水・消毒水の温度管理を徹底
・チラー水を使用、水槽の水温5℃以下
・水槽の水はろ過装置を通過し循環され異物混入を防止
 
■殺菌消毒水溶液について
水溶液:亜塩素酸ナトリウム(無臭)
使用濃度:夏期200ppm/冬期100ppm
 
■ポリ袋使用時の水切り処理
菌増加を抑制するため、ポリ袋使用時は水切処理を実施

step 6 計量

玉葱専用キャリーコンテナにお客様指定の重量に計測します。

■玉葱専用キャリーコンテナ・使用パレットについて
・コンテナは熱湯(80~90℃)で殺菌洗浄されたものを使用
・使用パレット:木製パレットは使用禁止 洗浄済みのプラスチックパレットのみを使用

■梱包形態について
お客様のご要望に対応いたします。

step 7 金属チェック

玉葱専用キャリーコンテナにお客様指定の重量に計測します。

■玉葱専用キャリーコンテナ・使用パレットについて
・コンテナは熱湯(80~90℃)で殺菌洗浄されたものを使用
・使用パレット:木製パレットは使用禁止 洗浄済みのプラスチックパレットのみを使用

■梱包形態について
お客様のご要望に対応いたします。
 

step 8 冷蔵保管

製品は製造から24時間以内にお得意様に配送されます。
製品製造ラインから一時保管冷蔵庫へと移され、5℃以下で8時間以上の予冷、もしくは芯温7℃以下に予冷します。

当社保有冷蔵庫台数:5台
庫内温度:通年4℃

*お客様のご要望により、当日製造・出荷も可能です。
営業担当者までご相談下さい。
(お応えできない場合もあります。)
 

step 9 出荷

予冷が済んだ製品を芯温7℃以下に維持し冷蔵車で納品いたします。また、出荷の際には抜き取り検査を維持し、「安全・安心」な製品をお得意様にお届け出来るよう努めております。

■出荷時抜き取り検査
・正味重量検査
・出荷製品品質検査